【手順ごとに解説】お名前.comで独自ドメインを取得する方法教えます

お名前.comで独自ドメインを取得したいけど、やり方がイマイチわからない。

ブログ運営やホームページ用にレンタルサーバーを契約したから、次のステップとして独自ドメインを取得したい。

そのような悩みを解決します!

 

マーティン
「お名前.com」で独自ドメイン取得方法を、最後までサポートしますのでご安心ください!

 

この記事では、お名前.comでドメイン取得方法と手順を詳しく解説します。

記事を最後まで手順通りに進めていただければ、ちゃんとドメインを取得する事ができますよ!

 

広告

まずは取得するドメイン(URL)を決めましょう!

お名前.comでドメインを取得する前に、まず取得するドメイン名を決める必要があります。

ドメインを取得するのは簡単なのですが、最初にドメインを決めるのが割と重要ということを覚えておいてください。

 

マーティン
最初にドメインについて少しだけ説明させていただきますが、ドメインに関しての知識がある方は読み飛ばしてもらって構いません!

 

ドメインとはインターネット上の「住所」と考える

ドメインを簡単に説明すると、インターネット上での「住所」ということになります。

「○○○.com」とインターネットで検索すると、ホームページが表示されますよね。

この表示されたホームページが「」に例えられます。

つまり、ドメインは家に簡単にたどり着く為の「住所」としての役割があります。

 

ドメインには「○○○.com」のように、「○○○」の部分を任意で名前を決めることができるのですが、後ろに付く「.com」の部分は、あらかじめ決められた文字から選択する必要があります。

この「.com」の部分はトップレベルドメインと呼ばれており、それぞれの文字に用途の意味があります。

 

 トップレベルドメインの代表的な例

  • .com = 「商業組織用」
  • .jp = 「日本を表す」
  • .net = 「ネットワーク用」
  • .info = 「制限なし」
  • .org = 「非営利組織用」
  • .biz = 「ビジネス用」

 

ドメインの決め方のアドバイス

ではどのようにドメイン(URL)を決めれば良いかというと、ご自身が運営することになるブログ名やホームページ名がいいです!

このドメインは一度取得すると後から名前の変更ができないので、慎重に決める必要があります。

このブログで例えると「BAGUS LIFE」というブログ名なので、ドメインは「bagus-life.net」で取得しています。

「BAGUS LIFE」というブログ名なのに、「hogehoge.com」というドメイン名にしてしまうと、なんか違和感を感じてしまいますよね。

できればブログ名やホームページ名に合わせた文字にするのがいいですが、逆のパターンとしてドメイン取得後にブログ名やホームページ名を変えたいという場合になることもあります。

そうなってしまう可能性を考慮して、自分の名前やお気に入りの文字を取得するという手もあります。

自分の名前をドメインにしておけば、後からブログ名やホームページ名が変更になってもドメインを合わせて変える必要もないですし、何よりも自分の名前すると愛着がわきますよね。

 

ドメイン名をブログ名やホームページ名に合わせなくても、検索で不利になることはありません。
ただし、ドメイン名にアルファベット文字以外を使う(漢字、カタカナなど)のは、検索に支障がでるのでおすすめできません。

 

 おすすめトップレベルドメイン

  • .com
  • .net
  • .info
  • .biz

上記のトップレベルドメインであれば、一般的かつドメイン取得料金も更新料金も1280円〜1580円ほどで高額ではありません。

 

トップレベルドメインは他にも種類が無数にあるのですが、2年目からの更新料金が高かったり、見慣れないトップレベルドメインだと怪しいサイトと勘違いされる恐れがあります。

 

お名前.comでドメイン取得方法と手順を解説

それでは「お名前.com」でのドメイン取得方法を、手順ごとに詳しく解説していきます。

下記のボタンから、お名前.com公式ページにアクセスしていきましょう。

 

 

手順①:お名前.comのページから「ドメイン検索」

手順①:お名前.comのページから「ドメイン検索」

アクセスして開いた「お名前.com」のページからドメインを検索します。

上記画像を参考に、左側のフォームに取得希望するドメイン名を入力して、緑色の「検索ボタン」を押しましょう。

右側枠の「.com」などのトップレベルドメインを選ぶフォームは、この時点では無視していただいてOKです。

 

手順②:トップレベルドメインを選択して「申し込み」へ

手順②:トップレベルドメインを選択して「申し込み」

次の画面で希望したドメインが使えるか表示されますので、希望するトップレベルドメインを選択して「お申し込みへ進む」ボタンを押して次の画面に行きましょう。

メールマークが表示されているドメインは他の誰かに登録されているので、現在は選択できなくなっています。

後で使えるようになったらメールで教えるという意味なので、今回は諦めて違うドメインを選択しましょう。

 

トップレベルドメインに特にこだわりがなくて「.com」が空いている場合は、迷わず「.com」を選択しておくのが無難です。
一般的であり、取得料金、更新料金も安く済みますよ。

 

次の画面はこのような表示になります。

ドメインお申し込み画面2

①:登録年数を1年〜10年まで選べますが、最初は1年間で取得しておいて、1年経過しそうな時にまた更新すれば大丈夫です。

下に表示されているWhois情報公開代行とは「ドメイン保持者の登録者情報(名前・住所・電話番号など)の一般公開義務を、お名前.comが代わりに登録者情報として公開してくれる」というサービスです。

一般的なトップレベルドメインなら取得時に付いてきますが、ちょっと変わったトップレベルドメインを選ぶと付いてない場合があります。

②:Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」のチェックはなしで大丈夫です!

③:メールアドレス」には登録用に使うメールアドレスを入力し、「パスワード」を決めて入力し、「次へボタン」をクリックします。

ここで入力した「メールアドレス」と「パスワード」は、お名前.comの管理画面に入る為に必要になるので大切にメモを残しておきましょう!

 

手順③:会員情報の入力をする

手順③:会員情報の入力をする

①:左側の必須項目を全て入力します。

②:情報に間違いがなければ「次へ進むボタン」をクリックします。

 

手順④:支払い方法を選んで申し込みする

手順④:支払い方法を選んで申し込みする

①:左側の支払い情報を選択して、情報を入力します。

クレジットカードで決済すると、すぐにドメインが使えるようになるのでおすすめですが、その他の支払いとして「コンビニ」「銀行振込」を選択する事もできます。

その場合は、右下青いボタン「その他の支払い方法はこちら」をクリックして、支払い方法の変更をしましょう。

②:申し込む情報に間違いがなければ「申込むボタン」をクリックします。

 

支払い完了画面が表示されればドメイン申し込み作業は完了ですが、この後に確認メールが届くのでチェックしましょう!

 

手順⑤:お名前.comからの受信メールを確認しましょう

登録したメールの受信ボックスを確認すると「お名前.com」から5通くらいメールが届いてるはずです。

そのメールの中で一通だけ重要なメールがあるので、下記の件名で届いたメールをご確認ください。

——————————————————–
件名:【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い
送信元:verification-noreply@onamae.com
——————————————————–

このメールを開くと下記のような文面になっているので、赤枠で囲ったURLをクリックしてメールアドレスの認証を行います。

メールアドレス認証メール

URLをクリックして開いたページに「メールアドレスの有効性を確認させていただきました」という文言が出てくればOKです!

対応期限内に認証しておかないと、せっかく取得したドメインが使えなくなる場合があるので、最初の段階で認証を済ませておきましょう。

 

以上でお名前.comドメイン取得は完了です

これで「お名前.com」で独自ドメイン取得は完了となります。

自分だけのオリジナルドメインで、自分のブログやホームページを世に広めていきましょう!

 

今回の作業でドメインの取得方法が分かったと思いますが、ドメイン取得は早い者勝ちの世界です。

もし今後気に入って使いたいドメインなどが思いついたら、その時に取得しておくのがいいですね!

 

今回は以上となります!

 

 

 

関連記事

ブログ運営やホームページ公開に必要なレンタルサーバーで「エックスサーバー」を使ってみたいけど、申し込み方法や手順がいまいち分からない。 WordPressでブログ運営を始めたいけど、エックスサーバーのどのプランで申し込めば良いかサッパ[…]

【契約は簡単】エックスサーバーの申し込み方法を手順ごとに詳しく解説!
関連記事

これからWordPress(ワードプレス)でブログ運営に始めるなら、事前にドメインやレンタルサーバーが必要になりますよね。 けど、調べてみるとレンタルサーバー会社の種類も多いし、何を基準に会社を選べばいいのかわからない。 &nb[…]

【ブログ初心者】WordPressが使えるおすすめサーバー5選!
関連記事

「ブログ運営でおすすめのエックスサーバーの速度は速いの?」 「実際のところ他のサーバーと比べてどうなの?」 今回はそんな疑問に答えます!   マーティン ブログ運営で大人気のエックスサーバーの表示[…]

【速度検証】エックスサーバーの表示は早い!ConoHa WINGとの検証結果
フォローして最新情報をチェック!
広告