ティルタウンプル寺院で沐浴したら発熱した!?目に見えない何かがある

バリ島ウブドにある、ティルタウンプル寺院の沐浴体験をレポートをします!

マーティンは海外にきてから右足ばっかり怪我をするという災難が続いており、この沐浴で聖水を浴びて清められればもう災いは起きないのではないか?!という期待も込めて、早速行ってみます。

 

マーティン
俺の右足呪われてるよ!聖水で浄化だ〜!
タミー
大怪我する前になんとかしないとね!

 

※この記事の情報は2019年5月時点のものです。(Rp1,000=7.8円)

広告

ティルタウンプル寺院の基本情報と行き方

ティルタウンプル寺院は、聖なる泉が湧くと言われているバリ・ヒンドゥー教寺院で、現地の人にとっては聖地とされています。
ティルタは「水」、ウンプルは「聖なる」という意味。

聖水は無病息災に効果があると言われていて、現地の人のみならず海外からもたくさんの人が沐浴をしに訪れます。
沐浴をしなくとも、聖水を汲みに来ている人の姿も見かけましたよ!

 

営業時間:7:00~16:00
住所:Jl. Tirta, Manukaya, Tampaksiring, Kabupaten Gianyar, Bali 80552 インドネシア

移動手段については、こちらの記事を参考にして下さい!

関連記事

バリ島ウブドは人気な観光スポットではあるものの、クタやスミニャックとは違って空港からは少し距離があるので、どうやって行ったら良いのかな?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?郊外からウブドへの行き方と、ウブド内での移動手段[…]

 

ティルタウンプル寺院の入場料

入場料はRp15,000(約120円)

入り口で入場料を払って、必要な人はサロンを借りましょう。

持参している人はそれで大丈夫ですが、寺院に入る際は必ず腰に巻くサロンが必要です。

 

寺院に入る時の注意点

  • 寺院なので肌の露出があると入れません。キャミソールやタンクトップは避けましょう。
  • また腰に巻く布「サロン」がないとヒンドゥー教寺院には入れません。
    持参するか、寺院でも無料で貸し出しています。
  • 生理中の女性は寺院の中に入ることはできません。

 

皆んなマイサロンを持ってきてましたー!

 

マーティン
タミー、俺のサロンだから大きすぎてモサモサしてるね。(笑)

 

沐浴する時に必要な持ち物

  • サロン(寺院で無料で貸し出してますが、濡らしてもおっけーな沐浴用サロンは有料です)
  • 着替え(女性は、サッと着替えやすいワンピースがおすすめ)
  • 水着(洋服の下に着て行くと良いですよ)
  • タオル(濡れた体を拭くのに必要)
  • ビニール袋(濡れた水着などを入れるのに必要)
  • 羽織(沐浴後は体が冷えるので、冷え性の人は持っていきましょう)

 

更衣室は男女別ですが、ロッカーは男女兼用です。
ロッカー代は別途Rp15,000だったと思います。

 

沐浴中の服装

現地の人は正装をしている人が多いですが、観光客はサロン+水着で大丈夫です。
上半身は水着だけでも良いみたいですが、Tシャツを着てる人が殆どでした。

もしくは、有料の沐浴用サロンをパレオのように巻いてもおっけー。

 

聖水を浴びる沐浴体験

ロッカーの横にはこんなに立派な御神木があり、沐浴をする前から神聖なパワーを感じます!

 

いよいよ、こちらから沐浴場へ足を踏み入れます!

 

すごい!沐浴してる人がたくさん!
現地の人より観光客が多いですね。

 

左の吹き出し口から順番に聖水を浴びていきます。

 

タミー
私は今回カメラ係なので、皆の撮影に徹します!

なんだか凄い寒そうだけど大丈夫かしら!?

バリの暖かい気温でも、ずっと水中にいると寒いみたいですよ〜。

 

水の中にはなんと鯉が泳いでいます!
思ったよりも水が透き通っていて、花びらが浮いていたりでとても綺麗。

これが聖水か〜と、私も手だけ入れてみました。

 

聖水の吹き出し口は1ヶ所浴びればいいものではなく、場所によってそれぞれ意味が異なるらしいので順番に全ての聖水を浴びていきます。

結構長丁場ですね!

奥からこのゾウの石像までが半分で、この手前にもまだまだ続きます・・・

 

あと半分!頑張ってー!

 

マーティンは誰よりも真面目に、1つ1つきっちりとこなしていきます。
これで右足も清められるはず!

 

タミー
マーティン、いつもクレイジーなのに、こういう時は真面目になるよね。
マーティン
当たり前でしょ!こういう時は気持ちを込めないとっ!

 

ということで、最後まで無事にみんな終わりました!

 

が、ここでとても残念なお知らせです。

最後の方の吹き出し口は、全く人がいなくて不思議だったのですが、これにはきちんと意味があったのです。

 

右側3つは、近親者が亡くなった場合に浴びる場所なんだそう。

 

浴びてはいけないところで浴びていると地元の人が教えてくれるよ!と色んな方のブログに書いてありますが、この時は誰も教えてくれなかったね・・・。

 

最後にお土産屋さんを通って出口へ

沐浴を終えた後は、最後にこの道を通って帰ることになります。

ここ、バリ1番、客引きがヤバすぎるのでご注意です。

腕を掴まれて無理やり店内に連れて行かれて、マーティンに引っ張ってもらって脱出するという、今までにない事態・・・!
日本語で喋ってくるから余計に怖いわ。

 

タミー
聖なる沐浴の後のこれって、どうなの。(笑)
マーティン
でも値段はめちゃめちゃ安かったね!

客引きについては、こちらの記事もよかったらご参考に!

関連記事

タミーバリってこんなに客引き凄いの!?しつこすぎるー!マーティンこれは強烈だね!作戦を考えなければ・・・初めてバリ島に行った時の衝撃は忘れられません。バリで買い物する時は、強引な客[…]

 

聖水を浴びたら発熱した!?

マーティンはこの翌日、お腹を壊し熱を出してしまいました。
普段風邪すら引かないのに一体どうしたんでしょう。

 

【説1】浴びてはいけない場所で聖水を浴びてしまったから?

バリ在住日本人の方は、マーティンのように浴びてはいけない場所で聖水を浴びてしまったらしいのですが、自分が死ぬときのためにもう聖水を浴びておいた!と思うことにするとおっしゃっていたので、要は考えよう?(笑)

 

【説2】聖水を誤って飲んでしまって、何かの菌に感染してしまったのか?

この説は結構有力かなと。
マーティンは、お腹が弱めなので、聖水でお腹を壊して熱が出てしまったのかも。

 

【説3】もしくは、好転反応!?

熱を出して何かを浄化してたんでしょうか?

 

真相は未だに不明ですが、とにかくティルタウンプルには何かがあります。(笑)

ちなみに右足も相変わらず未だに危なっかしい。
これに関しては、バリの道が整備されていなくて怪我しやすいっていうのもあるので、足元見て歩くように気をつけましょう!(笑)

フォローして最新情報をチェック!
広告