北投温泉はビキニじゃ入れない!でもそんな方には足湯ならぬ手湯もあるよ!

台湾にも温泉があると知ってちょっと行ってみようか〜という話に!
ついでにそのあとは、近くの淡水まで足をのばしてみました!

 

北投温泉(新北投駅)淡水(淡水駅)は郊外にあるので、台北駅からはMRTで30分以上かかります。
両方とも淡水信義線で繋がっているので、昼間は北投温泉に入って、夜は淡水で日の入りを見ながら屋台でご飯を食べるのがオススメです!
私たちもこのルートで1日観光しました!

 

では最初に北投温泉をご紹介しまーす!

 

広告

駅について大事なことに気づく・・・

北投温泉って水着着用で混浴らしいですよ!
そういうシステムのところは大江戸温泉くらいしか行ったことないので楽しみ。

 

新北投駅に到着して、

駅のフリーWiFiを使って温泉の場所を調べていると・・・

 

ある事実が発覚・・・

 

ビキニじゃ入れない!!!

 

なんてことだー!

リサーチが甘かったな。

 

温泉に行けば、スクール水着のようなダサい水着も売っていたりもするらしいんだけど、そこまでしなくてもいいいかなぁというテンション(笑)

 

でもでも!他に足湯ができるところがあるらしいので、温泉は諦めて足湯に行ってみようと思います!!

 

駅前にある珍しい手湯

近くに足湯ならぬ手湯を発見!

温泉の説明が日本語でも書いてあり、読んでみると「青硫黄温泉は治癒力のある極めて珍しい温泉として知られておりその中には微量のラジウムが含まれ、極めて特徴のある泉質でアジアの中で北投温泉と日本の秋田県にある玉川温泉のみにあります。」

だそうです!凄い、貴重じゃないですか!

暑くもなくぬるくもなく良い湯加減で気持ちいいです!
足湯よりも気軽に入れる手湯!いいですね!

 

温泉が流れる川沿いを歩いて地熱谷へ

地熱谷までは温泉が流れている川沿いをひたすら歩いて行きます。
ちょっと坂道なのでいい運動!

それにしても台湾は暑くて汗かいちゃいます。

 

途中こんなの練習してる人もいました。

なぜか裸。(笑)

まぁこの日は暑かったのでね。

これは凄い!コンクリートに根をはっていますが、木は切られてしまっています。

温泉施設を発見しました!

なんか、観光客向けの施設っていうよりは、地元の人向けなローカル感が漂っている。

この水着を買えば温泉に入れるようですが・・・

やめておきます。(笑)

こんな温泉施設もあったけど・・・
これやってるのかな??ボロすぎて相当やばい。

こんな感じの川沿いを歩いていきます。
自然が感じられていいですね〜〜

 

地熱谷

湯けむりもくもく。
暑いのに湯けむりで更に暑い。

観光客もたくさんいてみんな写真撮ってます。

暑くて長居はできません!もう戻りま〜す。

 

グリーンマンゴーアイス

帰り道でアイスクリーム休憩。
行きにアイスを食べている人がたくさんいて、横目でチラチラ見ていたのですが(笑)
途中に商店が並んでいてみんなそこで買っていたようです!

 

色んな味があって、チョイスしたのは謎なグリーンマンゴー味。

シャーベットみたいな中にグリーンマンゴーが入っています。

それにしてもグリーンマンゴーってどんな味なんだろ??!

 

す、すっぱい!!!

 

なにこれ、梅干しみたい!

期待してた味と全然違うー!!

おとなしくイエローマンゴー味にしておけばよかった・・・。

 

最後のお楽しみ足湯

そして災難は続きます。

 

お目当の足湯はなんと、工事中でやっていませんでした・・・。

 

オーマイガー。

 

これを楽しみにこの暑いなか歩いてきたのに。

こればっかりはしょうがない、残念です。

 

その後、淡水へ続く。

 

まとめ

私が入るのを諦めた北投温泉は公衆浴場なので、もっとゆっくり入りたい方やお金に余裕がある方は温泉付きのホテルや旅館に泊まるか日帰り温泉に行くのが良いと思います。

ちなみに水美温泉会館北投天玥泉會館は日帰り温泉や貸切風呂もあるようです。
ぜひチェックしてみて下さい〜!

フォローして最新情報をチェック!
広告