ラルクライブ

【2020】ラルクのライブで演奏する定番曲!これさえおさえれば初心者でも楽しめる

ラルク(L’Arc〜en〜Ciel)のライブで演奏する定番曲をまとめてみました!

2020年「ARENA TOUR MMXX」でも演奏される確率が高いものを厳選してます。

 

私もこれから参戦するので、セットリストを予想して今からワクワクです♪

 

これさえおさえておけば、ラルクのライブが初心者の人でも楽しめること間違いなし!
当日のライブに向けて予習をしておきましょう!

 

今回ご紹介する曲は、今までのライブで演奏回数が多いランキングではありません。

「1999 GRAND CROSS TOUR」から欠かさずライブに行っている私が感覚で選んだものです!(笑)
感覚とはいえど、ライブに行った回数をざっと数えてみたら70回を超えていたので、信憑性はあるかなと思います。

 

広告

ラルクのライブ定番曲をリストアップ

以前はアルバムツアーがメインでしたが、最近ではラルク記念の年に行うライブなどが多いため、歴代人気曲を集めて演奏している傾向にあります。

最近は演出もかなり凝っているので、エンターテイメント性も抜群で、誰もが楽しめる内容になっています♪

Driver’s High

「Driver’s High」はライブで盛り上がるテッパン曲!
1999年に発売されたシングル曲です。

イントロの車のエンジン音が聴こえた瞬間テンションが上がってしまうことでしょう!

「Clash!」と「Flash!」の掛け声でジャンプするのがお決まり。

ライブで必ずやるといっていい曲です。

 

 

バンド名にもなっている「虹」は、ラルクにとって特別な曲。
前ドラマーsakuraが脱退し、yukihiroを迎えた初シングルとして発売されました。

切ないメロディーからもそうですが、裏にある曲の成り立ちからファンやメンバーまでも涙ぐんでしまうほど、ラルクを語るには欠かせない曲。

97年に東京ドームで行われた通称復活ライブでは、1曲目と最後に2回演奏するという斬新なセットリストでファンを驚かせました。

 

 

あなた

「あなた」はアルバム「HEART」に収録されているtetsuyaの名曲。

感動的な歌詞で涙をそそり、ライブでは最後に演奏する確率がとても高いです。

もしラルクを何も知らずにライブに行ったとしたら、この曲が一番心に残りそう。
ファンならずとも、聴けば誰もが「素敵な曲だな〜と」思ってしまうバラードです。

途中でhydeがファンに歌わせるシーンがあるので、ぜひ会場の皆んなと一緒に歌っちゃいましょう♪

 

 

Caress of Venus

「Caress of Venus(カレスオブビーナス)」も同じくアルバム曲で1996年発売の「True」の中に収録されています。
ライブで盛り上がる定番曲ということで、ファンの中ではとても人気が高い曲。
そんな経緯もあり、アルバム発売から10年後にミュージックステーションでTV初披露されました。
ダンスミュージックでノリノリなメロディなのに、歌詞は悲しい感じっていうのがまたラルクらしい。
これを演奏すると一気に会場のテンションが上がるので、ライブの2曲目あたりでやることが多い。

 

 

Link

2005年に発売されたシングル「Link」は、tetsuya作曲のポップで心が温まるような楽曲。

サビでは手を挙げてパチパチしながらジャンプをするのがお決まり。←伝わるかな・・・?(笑)
会場が一体になって楽しめる華やかな曲です。

ジャンプしながら演奏する、可愛いメンバーの姿が見られるかも!?

 

 

HONEY

「HONEY」は言わずと知れたラルクの代表曲!
3枚同時リリースで有名になった、ラルクで1番売れたシングルです。

ライブではギターを弾きながら歌うhydeの姿を見ることができます。

あまりにも定番すぎてファンとしては聞き飽きた?
いや、でもこれは絶対外せないんですよね、わかります。

CDよりもアップテンポで演奏することが多いので、個人的には軽やかに流れるようなユッキーのドラムが見られるのが嬉しい。

 

 

Blurry Eyes

「Blurry Eyes」はメジャーデビューシングル!
それまでダークなイメージだったラルクですが、デビュー曲はポップでキャッチーなtetsuyaの楽曲です。

そのポップさは、今のラルクにも引き継がれている大事な要素。
まさにBlurry Eyesはラルクの原点なのです。

ライブではhydeが吹いたホイッスルを客席に投げるシーンがあるのですが、あれをゲットした人って最高にラッキーだなといつも思ってます。

自分で吹いてみたいけど、そのままにしておきたい気もするし・・・
考えるだけ無駄な妄想が広がります。←何の話。(笑)

 

 

fate

アルバム「HEART」に入っている「fate」は、ダークな曲調でCDを聴いた時にはあまりピンと来ない人も多いかもしれません。

ですが、聴かせる曲としてfateは絶対必要!というくらい、ラルクのライブの要になっている曲です。
グルーブ感が最高潮になり、メンバー的にも演奏していて一番気持ちいいのがfateなんじゃないかな、と勝手に思っている。

発売以来テッパン的にセットリストに入っていたのですが、ここ最近はfateに変わる楽曲が多くなってきたので出番が少なくなっているのが少し寂しい・・・。

たまにやるとファンは心掴まれる曲だと思います。

 

 

the Fourth Avenue Café

アルバム「True」に収録されている「the Fourth Avenue Café」は、東京スカパラダイスが参加していることでも有名。
アニメ「るろうに剣心」の主題歌になったこともあり、この世代の人は聴いたことがある!という人もいるのではないでしょうか?
本来はシングルとして発売されるはずだったのですが、sakuraの事件で発売中止になったという悲しい背景があります。
そんな背景は別として、とても綺麗で素敵なメロディーは誰もが魅了されること間違いありません。

 

 

MY HEART DRAWS A DREAM

2007年に発売されたken作曲の「MY HEART DRAWS A DREAM」は、タイトルの通り希望に満ち溢れた素敵な楽曲です。
イントロのギターソロでは、気持ちよさそうにギターを弾くkenちゃんが見られるかも!
サビでは会場全体が笑顔になり幸福感でいっぱいになります♪
「夢を描くよ」という歌詞をみんなで歌うところがあるのですが、そこで会場の一体感は最高潮!
明日からまた頑張ろう!そんな気持ちにさせられます。

 

REVELATION

「REVELATION」はアルバム「SMILE」に収録されている、yukihiro作曲のスパイスがきいたカッコいい曲です!
今まではtrickが同じ役割の曲としてセットリストに組み込まれていることが多かったですが、それに変わる盛り上がる曲として人気が高い。
掛け声にあわせて拳をあげましょう!!日常を忘れて叫びまくりましょう!!
この曲でびっくりするような演出も期待できるかも。

 

Pieces

「Pieces」は全盛期の1999年に発売された、ラルクのシングル初バラード曲。

「あなた」と並んで、ライブの最後にやる定番曲です。

PV(今はMVという?)では、hydeがtetsuyaをナイフで刺してしまうという衝撃のシーンがあることでも有名。

「泣かないで 泣かないで 大切な瞳よ」という歌詞で始まるのですが、泣かないでと言われると余計に泣けてくるのが人間ですよね?(笑)

泣かせる曲を最後にもってくるなんてズルイ!
それを分かっていながら毎回泣かされてしまうのですよね。

 

 

Vivid Colors

「Vivid Colors」は2枚目のシングルで初期の曲ということもあり、これまであまりライブで演奏することはなかったのですが「Shibuya Seven days 2003」あたりから徐々に定番曲として仲間入りするようになりました。
疾走感のあるポップな曲調なので、昔からのファンのみならず、最近ラルクを好きになった!という人でもライブで聴きたい曲なのではないかなと思います。

 

 

X X X

「XXX」と書いて、読み方はキスキスキス!

2011年に発売されたシングルなので、ラルク歴史の中では新しい曲ですね。

hyde作曲なのですが、さすがhyde様と言わざるを得ないクオリティーの高さ。
セクシーさとポップさと、キレイなメロディと・・・ラルクでなければ表現できない世界観。

ライブで聴いたら「ラルクやばいな」と圧倒されること間違いなしです。

サイリュームでついついやっちゃうんですよね、2つ重ねてXにするってやつ。(笑)

 

 

flower

「flower」は1996年に発売されたシングルで、ここから一気にラルクの知名度が上がりました。

hydeは「こういう曲なら売れるんでしょ?」と作った曲だと語っていましたが、本当にその通りに。

ファンからの支持は絶大で、flowerなしではラルクは語れません。
そんなflowerでしたが、全盛期にはあまりライブでやることは少なかったんですよね。
これも「Shibuya Seven days 2003」あたりからちょこちょこ登場してくれるようになりました。

当時はセールスを意識して作ったようですが、最近になって「flowerって良い曲だなって思って」とhydeが言っていたのが印象的。

こんなにファンには人気なのに、作った本人が20年くらい経ってようやくその魅力に気づくって、なんだか面白い話ですよね。

 

 

READY STEADY GO

「READY STEADY GO」はラルクがソロ活動を始め、このままもしかして解散してしまうんではないだろうか!?とファンの心が限界に達した時に、再始動一発目に発売されたシングルです。

「鋼の錬金術師」のオープニングテーマということもあり、ここから若い世代の新規のファンが一気に増えました。

余計なものを削ぎ落としたシンプルなバンドサウンドで景気のいい楽曲です。

思いっきり飛び跳ねて、楽しんじゃいましょう!

 

 

公演時間は?

最近はモリモリで20~25曲くらい演奏するので、公演時間はだいたい3時間くらいです。

大きな会場だと退場規制がかかったり、混雑で電車にすぐに乗れないこともあるので、決まった時間のバスに乗らなきゃいけない!など、予定がある人はご注意ください。

途中で帰るなんてもったいないので、ギリギリになってしまいそうならホテルに泊まるのがベストです。

 

よりライブを楽しむ方法

以前はサイリューム文化はメンバーに嫌われていたのですが(苦笑)
時の流れとともにサイリュームをオフィシャルグッズで販売するまでになりました。

今ではライブを楽しむのに欠かせないアイテムになっています!

 

最近のライブでは席にLEDバンド(腕につけられるLEDライト)が無料でついていることもありますが、今回の「ARENA TOUR MMXX」ではオフィシャルグッズとしてサイリュームが販売されています。

その名も「L’ライト」というもので、「L’Arc~en~Ciel ARENA TOUR MMXX」というロゴ入りです!
色は4色あり、どれがあたるかはお楽しみ♪

 

サイリュームといえば、オタクの人が何本も持って激しい踊りを繰り広げている映像も頭に浮かびますが、そんなことはしなくても大丈夫です。(笑)

逆に大量に持ってピカピカさせすぎてしまうと、他の観客の迷惑になってしまうので1人1本が妥当。

 

どうノッていいかわからなくても、サイリュームを手に持って振るだけでおっけーです!

 

事前に定番曲を予習しておこう♪

ラルクの歴史は25年以上と長いので、全ての楽曲を聴くのは大変ですが、定番曲だけでも知っておくと楽しいと思いますよ!

やっぱり知ってる曲を演奏してくれるとテンションも上がりますもんね。

 

私は昔GLAYのライブに行った時に、半分以上知らない曲で熱狂的なファンに圧倒されまくった思い出があります。(笑)

私のように、まわりから取り残されてアウェー感を味わうことにならないように、事前に予習しておくと良いですよ!

 

予習しておきたいけど、どこで曲を聴けばいいの?

という方には「Amazon Music Unlimited」をおすすめします。

 

 

Amazon Music Unlimited」に入ると、私がリストアップしたラルクのライブ定番曲すべて聴く事ができます。

【リストアップした楽曲はこちら】

  • Driver’s High
  • あなた
  • Caress of Venus
  • Link
  • HONEY
  • Blurry Eyes
  • fate
  • the Fourth Avenue Café
  • MY HEART DRAWS A DREAM
  • REVELATION
  • Pieces
  • Vivid Colors
  • XXX
  • flower
  • READY STEADY GO

この曲以外にも、ラルクのアルバム65枚分を無制限に聴く事ができますので、ラルク好きにはたまりません。

「Amazon Music Unlimited」がおすすめな理由は、30日間は無料でお試しが可能だからです。

サービス利用開始日から30日間の無料体験期間内に解約すれば、料金は発生しません。

 

予習の為だけなら30日間だけ無料利用して、その後解約するのでもいいかと思いますが、「Amazon Music Unlimited」のスゴいところは6,500万曲以上が聴き放題です。

ラルク以外のアーティストも楽曲が豊富で、飽きる事なく音楽を楽しめること間違いなし。

 

「Amazon Music Unlimited」の料金ですが、個人プランの場合は月額980円で利用する事ができます。

【個人プラン】
月額980円
【プライム会員の場合】
月額780円 | 年間7,800円
楽曲数: 6,500万曲以上
登録可能アカウント数: 1

※プライム会員に入っている方でしたら、プライム会員限定プラン:月額780円で利用できるのでお得ですね。

 

▼Amazon Music Unlimitedの無料体験はこちらから
>> 無料で30日間Amazon Music Unlimitedで音楽を聴く

 

または、Amazonプライム会員に入っている方が利用できるPrime Musicなら、こちらの5曲が聴くことが出来ます。

Prime Musicで聴ける曲】

  • HONEY
  • Driver’s High
  • 花葬
  • 浸食-lose control-

※Prime Musicは200万曲が聴き放題

どれも人気曲ではあるのですが、5曲だと物足りないですよね。

Amazonプライム会員だと、音楽以外に映画や読書も楽しめるので、私はこちらも利用してます。

 

▼Amazonプライム会員の無料体験はこちらから
>> 無料で30日間プライム会員を利用する

 

スマートスピーカーEcho Dot (エコードット)との連携もしてますので、私はときどきアレクサ!ラルクを流して!とか言ってラルクの曲を聴いています。笑

 

わざわざ有料サービスに入りたくないという方も、Amazonのサイトから1曲250円で好きな楽曲だけ購入する事ができます。

 

▼Amazon Musicで楽曲の確認はこちら
>> L’Arc~en~Ciel ソングスを見る

 

まとめ

Are you fuckin’ ready!?(←hydeがよく言うやつ真似てみました。)

これで当日のライブに向けて、心構えは万全でしょうか!?

ラルクのライブはこうじゃないと!という決まりもないので、自由に楽しむのが1番です!
もちろん他のファンの方の迷惑にならないように、というのは大前提ですが。

みんな一緒にラルクのライブを思う存分楽しみましょう!!!

ラルクライブ
フォローして最新情報をチェック!
広告