【オランダ広場】歩きで世界遺産マラッカを楽しもう【ウォールアートも必見】

【オランダ広場】歩きで世界遺産マラッカを楽しもう【ウォールアートも必見】

世界遺産マラッカに宿泊して、オランダ広場周辺を歩いて観光してきました。

色んな文化が入り混じっているというのも面白いし、見所がたくさんあって飽きません!

マレーシアに行くなら、一度は行っておきたい場所ですね。

 

タミー
世界遺産の歴史ある建造物以外に、素敵なウォールアートもたくさんありました。

 

この記事では、歩いてオランダ広場周辺を観光できる場所をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

広告

マラッカってどんなところ?

歴史が複雑でご説明しにくいので、こちらを引用させていただきました!

マレーシア発祥の地ともされるマラッカはマレーシアの古都。15世紀にマラッカ王国が誕生し、その後ポルトガル、オランダ、イギリスと欧州列強国に支配されながら独特の文化が生まれました。他に類をみないユニークな街は、2008年にペナン島・ジョージタウンと共にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

出典:マレーシア政府観光局公式サイト

街全体が世界遺産って凄いですよね!

 

ちなみに、Malacca(マラッカ)は英語表記のもので、マレー語ではMelaka(ムラカ)と呼びます。

以前はMalacca(マラッカ)と表記されることも一般的でしたが、現在はマラッカ政府がMalaccaをMelaka(ムラカ)に正式に変更しているので、グーグルマップを見るとムラカと表示されるはずです。

 

マラッカへの行き方

マラッカへは、クアラルンプールからバスで行くのが一般的です。

バスで約2時間ほどの距離なので、クアラルンプールに滞在している間の1日を使い、マラッカ観光に行く人が多いと思います。

私たちは、マラッカに来る前はシンガポールに滞在していたので、シンガポールからバスで6時間くらいかけて行きました。

 

マラッカ観光マップ

今回ご紹介する観光スポットを、マップにまとめてみました。

見所はオランダ広場から歩いて15~20分圏内にあるので、周りやすいですよ!

 

 

中心部にある「オランダ広場」

中心部にある「オランダ広場」

マラッカといえば、この真っ赤の建物が印象的なオランダ広場が有名ですよね!

街の中心部に位置しており、日中はかなりの観光客で賑わっています。

 

マラッカキリスト教会

オランダ広場の一角にあるマラッカキリスト教会は、1753年に建てられたマレーシア国内最古のプロテスタント教会。

赤い色が特徴の、オランダ建築の代表的建物です。

中を見学したかったのですが、柵で閉ざされていて入れませんでした。
実際はこの建物の横に入り口があり、誰でも無料で見学が出来るようです。

 

ビクトリア女王噴水

こちらはビクトリア女王噴水と名付けられていて、後ろの時計台と共にビクトリア女王に捧げるため、作られたものなんだそう。

ゆっくり見学したい人や写真を撮りたい人は、観光客が少ない夜が狙い目です。

 

日本とも繋がりがある「フランシスコ・ザビエル教会」

日本とも繋がりがある「フランシスコ・ザビエル教会」

フランシスコ・ザビエルの功績を讃えて建てられた、カトリック教会の「フランシスコ・ザビエル教会」。

何回かこの前を通ったのですが、一度も門が開かれることはなく、残念ながら中に入ることはできませんでした。

 

フランシスコ・ザビエルと日本人のヤジロウ像

協会の敷地内には、フランシスコ・ザビエルと日本人のヤジロウ像が並んで建っています。

ヤジロウは日本人初のキリシタンで、フランシスコ・ザビエルが日本にくるきっかけとなった人物です。

 

タミー
こんなところで日本との繋がりを発見できるとは嬉しいな。

ショッピングが楽しい「ジョンカーストリート」

ジョンカーストリート

ジョンカーストリートは、お土産屋さんやレストランがたくさん並んでいるので、ランチはこの辺りで済ませると良いですよ!

週末の夜はナイトマーケットが開催され更に賑わいますが、日中に来ても充分楽しめます。

入り口付近にはH&Mがあり一見都会的な雰囲気ですが、奥に進むとマレーシアらしい雑貨や安くて可愛い洋服がたくさん。

 

マーティン
色々欲しくなってしまい、自分用のお土産を大量買いしちゃいました。
▼ナイトマーケットの様子はこちらの記事をご覧ください!
関連記事

マラッカの観光名所の一つ「ジョンカーストリート」は、グルメやお土産探しにもってこいの場所です。 昼間のジョンカーストリートも賑わっているのですが、週末だけ開催される夜市に行くのがおすすめ。 毎週末「金・土・日」の午後6時から深夜[…]

【マラッカの夜市】ジョンカーストリートはグルメやお土産探しにピッタリ

リバークルーズもできる「マラッカ川」

リバークルーズもできる「マラッカ川」

マラッカの街の中心に流れているマラッカ川では、リバークルーズを行っています。

昼間は街の風景がよく見え、ウォールアートなども楽しめますよ。

 

マラッカ川の夜景

夜になるとライトアップされたカラフルな街に一変するので、昼間とはまた違った雰囲気になります。

それにしても色合いが派手ですね!

マラッカ名物といわれるトライショーといい、マレーシア人は派手な色が好きなのかな??笑

 

トライショー

こちらがそのトライショーと言われる三輪車タクシー。

ピカチュウやキティちゃんなどで飾られた三輪車は、シュールで衝撃的です。笑

勇気のある人は、これに乗ってマラッカの街を観光するのもありかも!?

 

マーティン
たまに爆音でマレーシアの演歌みたいなの流してて、それに当たったら究極に恥ずかしいと思うけどね。笑

 

ギャラリー「オラウータンハウス」

ギャラリー「オラウータンハウス」

この可愛いオラウータンの絵が描いてある建物「オラウータンハウス」は、マラッカ出身の画家チャールズ・チャムさんのギャラリー。

壁に描いてあるオラウータン柄や、その他可愛らしいデザインのTシャツが購入出来るようです。

夕方には閉まってしまうので、ぜひ営業時間中に訪れてみて下さい♪

 

営業時間:
月〜木:10:00 ~ 18:00
金〜日:9:30 ~ 17:30

 

マレーシア最古のモスク「カンポン・クリン・モスク」

マレーシア最古のモスク「カンポン・クリン・モスク」

マレーシア国内最古のモスク(イスラム教の寺院)とされているカンポン・クリン・モスク

モスクといえばドーム型の丸い屋根が多いですが、こちらは四角錐になっていて珍しい形をしています。
(写真に写っていなくてスミマセン)

 

モスクでお祈りする人

夜でもモスクの中に、全身白い布でまとった人達がいましたが、お祈り中みたいです。

場所はジョンカーストリートの一本隣の通りにありますよ。

 

マレーシア最古の中国寺院「チェンフーテン寺院」

マレーシア最古の中国寺院「チェンフーテン寺院」

モスクと同じ道沿いにあるチェンフーテン寺院は、1646年に建立されたマレーシア最古の中国寺院です。

キリスト教会にモスク、中国寺院と、色んな宗教が混ざり合っているところがマラッカの魅力ですね。

門しか見てませんが、最古のわりにはとても綺麗でした。

 

タミー
夜に観光したから、ほとんど中まで見学出来てない…。
日中に行くべきですね。

 

街中に点在する「ウォールアート」

街中に点在する「ウォールアート」

つい扉の前で写真撮りたくなっちゃう、可愛いウォールアート。

もちろん私もここで記念撮影♪

マラッカはこんなウォールアートがあちこちに点在しているので、それを見つけながら歩くのも楽しい!

 

ウォールアート2

これはマラッカ川沿いで見つけました。

 

ウォールアート3

私が見た中では1番巨大で目立ってました。

こちらはフランシスコ・ザビエル協会の前にあります。

 

マラッカ川沿いのウォールアート

これもマラッカ川沿いにあり、写真をたくさん撮りたい人は、ぜひ遊歩道を歩いてみて下さい!

 

まとめ:観光は昼も夜も楽しめる

主に夜に観光したので、暗い写真ばかりですみません。笑

オランダ広場を観光するのは、昼間でも夜でも違った顔があるので、どちらでも楽しめます。

私たちは行っていませんが、他にもサンチャゴ砦、セントポール教会、マラッカタワーなどの観光スポットもあるので、時間が許す限り色々行ってみて下さいね!

 

関連記事

マラッカに滞在中タクシーで通る道に、少し気になっている遊園地がありました。 昼間はちょっとさびれた感じなのですが、夜になると街中にひときわ目立つ明かりを放っている遊園地。 私たちはマラッカ観光も終えてしまったので、暇つぶしに遊園[…]

関連記事

マラッカからクアラルンプールまでの行き方は、バス・電車・タクシーがありますが、バスを使って行くのが一番ベストです。 ではバスでクアラルンプールまで行く場合、どうやってチケットを購入すればいいか分からない。 そんな悩みがある方に、[…]

 

【オランダ広場】歩きで世界遺産マラッカを楽しもう【ウォールアートも必見】
フォローして最新情報をチェック!
広告