ベトナム行き飛行機で搭乗拒否された!?出国チケットの購入は必須だった!

タイからベトナムへ飛行機で移動する際、出国チケットがないと搭乗拒否されるというトラブルが起きました。

タイだけではなく他の国でも起こる問題なので、私たちのように先の予定がはっきりしないまま国を移動する時にはちょっと厄介です。

今回は実際に経験したそんなトラブルの話です。

 

広告

タイの空港でチェックイン時に搭乗拒否される

パトンビーチのホテルからシャトルバスで1時間半くらいかけて空港へ到着。
余裕を持ってフライト時間の3時間くらい前に着きました。

そしてチェックインをしにカウンターへ。

そこでベトナムからの出国チケットを確認されました。

マーティン
出国チケットはないです。
お姉さん「ベトナムはビザがないと15日間の滞在です。そして出国チケットが必要なんです。」
マーティン
おっけーおっけー
おっけー??
しれっとチェックインを済まそうとしてるマーティン。
お姉さん「だから出国チケットを・・・」
これはもうしれっとスルー出来る状況ではない。
10秒の沈黙の後・・・
マーティン
ホーチミンからはバスでカンボジアに行くので問題ないですよ
タミー
え、問題ない!?何言ってんの
以前どこかのサイトで「バス(陸路)で隣国に出国すると言えば大丈夫」みたいな記事を見て、通用するのか試してみたらしい。
もちろん答えは「ノー!」だった。
お姉さん「バスチケットを見せて下さい」
さぁ、この後どう出るんだ!マーティン!!
マーティン
プリーズ・・・(悲しみの表情で、情に訴えかける)
プリーズ!って。
そう言えば許してくれるとでも思ったのか!?
お姉さん「ノ〜!それはできません〜(お姉さんも悲しみの表情)」
それはそうよ。プリーズで許してくれるなら皆そう言うわ。
仕方ないので一度カウンターを離れて考える。
マーティン
なんだよあの人!チェックインさせてくれてもいいじゃん!冷たいね!
タミー
いやいや、あのお姉さんが悪いんじゃないんだから。お姉さんだって困ってたよ!
お姉さんに罪はない。「すみません〜無理なんです〜」って、同情してくれて良い人だった。

どこかのサイトに書いてあった「バス(陸路)で隣国に出国すると言えば大丈夫」みたいな記事は、今回私たちには大丈夫ではなかったので、渋々ベトナムからの出国チケットを取る事にしました。

 

ダミーチケットを購入する作戦

とりあえず出国チケットがないと飛行機に乗れないので、最悪捨ててもいいようなチケットを購入することに!

一番安い出国手段ということでベトナムからカンボジアまでのバスチケットをeasybook.comというサイトで購入しようとしたところ、

またもや問題発生!!

 

まず、ネット環境が悪い。
空港のWi-Fiが弱く、思うように動かない!
そんな微弱なWi-Fiで、なんとかクレジット決済までいって購入できたかな?と思ったら、
購入完了の画面にならない!
「カードの手続きが完了するまで15分くらいお待ちください」という画面から15分以上経っても「完了しました」とはならなかったのです。
なんだこのサイト!!
購入完了の画面がないと空港にチェックイン出来ないんだぞ。
どーしよう・・・
とにかく焦る2人。

 

後日談
その後も一向に「完了」にならず、決済されてる様子もない。
結局チケットは購入できてなかったらしい。
それはそれでキャンセルの手間は省けたけど、このサイトはもう二度と利用しないでしょう。

 

バリ島行きのチケットを確保

マーティン
相談なんだけど、バリ行かない??
バリ!?
まさかのバリ再び!!
(海外生活前半の方で既にバリに行っている。)
カンボジアにも行きたかったけどマーティンは行ったことあるから微妙だし、もう少し長く海外にいれるのでカンボジアのあとどうしようっていう感じだし、それなら大好きなバリでゆっくりするっていうのもアリかも。
タミー
おっけーバリ行こう!
早くチケットを用意しないと時間もなかったので、勢いでバリ行きを決定!
ということで、エクスペディアでベトナムのハノイからバリ島行きの航空券をゲット。
これでめでたく搭乗手続きが出来たわけです!!

エクスペディアで格安海外航空券を検索

よかった〜。これでタイから出国できる!

タイに滞在出来る期間も迫ってたし、ベトナムのホテルも予約しちゃってたし、出国できなかったらとても面倒なことになってたよ・・・。

 

飛行機に搭乗する時に、チェックインのカウンターで出国拒否してきたお姉さんがチケットのもぎりをしていました。
マーティン
コップンカッ!!!(笑顔)←タイ語でありがとう

わざとらしく笑顔で出国できるよアピールをするマーティン。

そういうのいいから。

 

まとめと注意点

ちなみに、陸路だと出国チケットの確認はありません。
現に今までバスで国境越えした時は、一度もそのような確認はありませんでした。

なぜ空路だとこのような確認があるのかというと、もし入国拒否をされた場合その航空会社が拒否された人を出発国へ戻す義務が発生してきます。

そうなると、その人分の席を確保しなければいけなかったりと色々面倒なことになるので、それを避けるために予め出国拒否をしているのです。

もちろん全部の国ではないですが、今まで台湾、フィリピン、インドネシア、ベトナムに行く際は出国チケットの確認がありました。

 

空路で国境を超える場合は片道航空券だけではなく、必ず出国チケットも用意しておきましょう!

 

私たちは焦りながらも無事航空券を取る事ができましたが、事前の出国チケット用意があるに越したことはないですね。

同じような境遇でチェックインを拒否される方もいると思いますが、wifi環境さえあれば直前でも予約することができます!

 

せっかく買った航空券を紙切れにしないよう早めの購入が良いですね。

フォローして最新情報をチェック!
広告