【リトルインディア】シンガポールで綺麗なインドの街並みを堪能しよう

【リトルインディア】シンガポールで綺麗なインドの街並みを堪能しよう

シンガポールの観光の目玉の一つとして「リトルインディア」は外せないスポットですね。

私はインドには行った事がないのですが、シンガポールのリトルインディアは綺麗なインドの街並みという話。

実際のインドとはどのくらい違うのかがわかりませんが、リトルインディアはインドの文化を身近に感じる事ができました。

 

マーティン
リトルインディアは実際のインドより30倍綺麗だね
タミー
え!?30倍って、、実際のインドはどんだけヤバいの?

 

 本記事の内容

  • リトルインディアへの行き方
  • リトルインディア周辺の様子
  • スリ・ヴィーラマカリアマン寺院

 

私たちが実際にリトルインディアに行ったなかで、特におすすめしたい「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」のことも書いてますので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

広告

リトルインディアへの行きかた

リトルインディアへの行きかたは、こちらになります。

  • 電車(MRT)
  • タクシー or Grab

電車の場合

電車でリトルインディアへ行く場合、最寄駅は「Little India(リトルインディア)駅」になりますので、MRTのパープルラインかブルーラインの電車で向かいましょう。

マリーナベイサンズのBayfront駅からLittle India駅までは、4駅で約14分くらいで到着します。

電車から降りたらTekka Centreという大きな建物がある方角に歩き、Tekka Placeという大きなショッピングモールが見えたら、左折するとリトルインディアです。

 

タクシー or Grab

リトルインディアは有名なので、タクシーに乗車して「リトルインディア」と告げれば、問題なく連れてってくれます。

マリーナベイサンズからは、約7分くらいで到着すると思います。

 

地図はリトルインディアで有名なヒンドゥー寺院の「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」を載せていますので、参考にしてみてください。

リトルインディア「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」

住所:141 Serangoon Rd, シンガポール 218042

リトルインディア周辺の様子

リトルインディアの街並み

リトルインディアの街並み

カラフルな建物が並んでいたり、店先にインドの民族衣装のサリーや、雑貨などのお店が並んでいる場所がリトルインディアになります。

リトルインディアに近づくと、見るからにインド人が増えてくるので、多分わかると思います。

 

リトルインディア風景

リトルインディアはアラブストリートから徒歩15分くらいの距離にあるので、私たちは歩いてきたのですが、人気が少ない通りは少し怖い雰囲気があるので気をつけましょう。

 

私たちが裏通りを歩いてきたときに、インド人同士の喧嘩を目撃しまして、路上で大声で叫んでいる場面に遭遇しました。
トラブルに巻き込まれないように、大通りを歩くのが安全です。

 

マーティン
あれはインド人ギャングの抗争だね
タミー
ギャング映画の見過ぎでしょ

 

リトルインディアにもウォールアートがありますが、インド人女性の絵でインパクト大ですね。

 

リトルインディアのウォールアート

壁一面のウォールアートなんかも珍しくありません。

 

インド人服屋

インドにあるような服がごったがえしている服屋さんも、リトルインディアには存在します。

偽ブランドも売っていますが、この辺りはクオリティーが低いものが多かったですね。

 

ビンディ

アクセサリー屋さんもたくさんあったので、私はこの「ビンディ」というインド人女性が額の真ん中つけるアクセサリーを購入。

問屋さんみたいなとこで、ほんっとに膨大な種類と量がありましたので、買うのに悩んで時間がかかってしまいました!

 

タミー
安いのは100円くらいから買う事ができますよ。

 

 

ジュエリーショップ

金のジュエリーショップもたくさんあって、インド人が金にむらがっている光景も!

 

ジュエリーショップの商品

日本の売っている金のアクセサリーと違って、22Kとか24Kなのでギンギラギンで眩しいですね!

男女関係なく全身を金でギラつかせてるシンガポールのインド人は、子供だって金のジュエリーつけてます。

肌の色が黒いから余計にギラギラ感が目立ちますね。

 

インド人てそんなに金好きなの?そんなにお金あるの?

とか最初は思ったんですが、どうやら不安定な現金よりも価値が安定してる金を財産として持つのが、インド人の文化みたいです。

 

スリ・ヴィーラマカリアマン寺院

セラングーン・ロード(Serangoon Rd)を歩いていると見えてくるのが、これぞヒンドゥー寺院といった「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」です。

入り口上部の装飾がすごい目を引くので、歩いていれば一発でわかります。

 

営業時間

毎日:午前5時30分~午後9時30分寺院への入り方入り口で靴を抜いで入ります。
短パンでも入る事ができましたが、場合によっては止められる場合があるので、足の露出は避けましょう。

 

 

訪れたとき礼拝の時間と重なってしまい、寺院では笛と太鼓で生演奏している人たちがいて、たくさんのインド人が必死にお祈りをしていました。

この光景を目撃すると、あまりの異空間ぶりに圧倒されます。

 

【動画】礼拝の様子はこちら ↓↓↓

 

礼拝時に演奏されている笛は「シャナハーイ」太鼓は「ダマル」と呼ばれる楽器だと思われます。

シャナハーイは笛なのに音量が大きくて、トランペットのような高い音で凄い迫力でした。

入り口正面だけでなく、色んなところでお祈りしてて、音が激しいですよ。

 

スリ・ヴィーラマカリアマン寺院内部

色んな神様が祀ってあって、一つ一つの意味がわかりませんが、参拝者は色々回って手を合わせていました。

 

ヒンドゥー寺院はとにかくカラフルで、派手さが際立っています。

装飾もかなり細かいので、素晴らしい職人の技が光ってますね。

 

ヒンドゥー神様

祀られている神様の表情も様々なので、普段は仏教寺院しか行かないという方には珍しく感じますね。

 

タミー
ヒンドゥー教寺院初めて行きましたが、人も多いし音楽も派手だし、なんか迫力がすごかった。

 

まとめ:シンガポールでインドの文化に触れよう

リトルインディアは実際のインドとは清潔さが違うものの、人種や寺院などはインドの文化として肌で感じる事ができます。

私たちは食べなかったのですが、定番のカレーが置いてあるインド料理屋もたくさんありましたので、近くまで行ってみたら食べてみるのもいいですね。

 

個人的には「スリ・ヴィーラマカリアマン寺院」がとても印象深かったので、こちらも観光するならぜひ立ち寄ってもらいたいところ。

チャイナタウンやアラブストリートより、若干暗い雰囲気がただよっているので、立ち寄る際は気をつけて観光してください!

 

▼近くにはアラブストリートもありますので、こちらの記事も参考に行ってみて下さい。

関連記事

多民族国家のシンガポールでは、多様な文化や宗教を感じる事ができます。 その一つとして、アラブの文化が味わえる「アラブストリート」は、シンガポール旅行では外せないスポット。 日本ではなかなか見ることのできないモスクや、エキゾチック[…]

【アラブストリート】シンガポールでアラブ世界を堪能【ハジレーンも近い】

 

【リトルインディア】シンガポールで綺麗なインドの街並みを堪能しよう
フォローして最新情報をチェック!
広告