プーケットで絶対行くべきカオマンガイ屋!毎日食べても飽きない伝説のお店

プーケットで滞在中、毎日通っても飽きないカオマンガイ屋さんがあったのでご紹介します。

他にも有名店「バイレイ」や、タイの色んなお店でカオマンガイを食べてきましたが、このお店が1番美味しかった!

 

最初は彼のマーティンが筋肉のため、カオマンガイが食べたいということで行ったお店なのですが、美味しすぎて夕ご飯は毎日ココで食べていました。

※鶏肉のタンパク質と白米の炭水化物の組み合わせは、筋トレしている人にうってつけの栄養素らしいです

 

マーティン
俺はカオマンガイ食べるためにタイに来たようなもんだから、毎日カオマンガイ食べ行くからね!!
タミー
何言ってんだこの人は。。。私は違うのが食べたいよ

 

では、他店と比較しつつレポートしてみます!

 

海南鶏飯は、茹で鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けた米料理。台湾・香港・マレーシア・シンガポール・タイなどの東南アジアの庶民料理・屋台料理である。

タイではカオマンガイとして知られている。「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉を意味する。

出典:Wikipedia

 

※この記事の情報は2019年8月時点のものです。(1バーツ=3.47円)

 

広告

プーケットで「1番美味しい」カオマンガイ屋の店舗情報

こちらが一押しのカオマンガイ屋さんです!

ローカルすぎてお店の名前もなければ、地図にも載っていません!

営業日は不定期。

雨だとやっていないことが多いかもしれません。

営業時間は夜のみで、だいたい19:00くらいに開店しているような感じでした。
(はっきりした情報がなくてすみません。)

場所はピンがさしてあるところあたりで、向かいがセブンイレブンなのでそれが目印です。

 

店名の無いプーケットで「一番美味しい」カオマンガイ屋のメニュー

ではその絶品カオマンガイと、他のメニューもご紹介していきます!

 

毎日食べても飽きない絶品カオマンガイ

こちらがおすすめの絶品カオマンガイです!!

お値段は50バーツ(約175円)

 

 カオマンガイの特徴はこちら

  • ライスもチキンもボリュームが凄い
  • そのまま食べても美味しいご飯。チキンの出汁がしっかり染み込んでいる
  • そしてタレが一番のミソ。生姜がきいててさっぱり!これが恐らく癖になる理由
  • スープは胡椒がきいてて濃い味!(私は個人的に好き)

 

おすすめの食べ方は、まずタレをつけずに食べる。

味がしっかりついているのでこれだけでも美味しいのです!

そのままの味を楽しんだらタレをつけてみましょう〜。

 

この青唐辛子をカオマンガイと一緒にたまに1粒ずつ混ぜて食べるのも美味しい。

1粒ずつっていうのは、一気に2粒以上を口に入れると辛くて大変なことになるから。(笑)

 

そしてこのニンニクは1食につき1粒だけ食べるのがgood。

これは何故かって、同じく2粒以上食べると口の中が大変なことになるから。

もう一食につき1粒で十分なほど破壊力が半端ない。

食べたら分かります。ぐぇ〜〜!ニンニク!!ってなるので。

でもこのニンニクがないと、味がしまらないんです。

 

鶏肉を揚げてあるカオマンガイトー

鶏肉を揚げたバージョンのカオマンガイで、これをカオマンガイトーといいます。

こちらも同じく50バーツ(約175円)

カオマンガイよりもこってりしててボリュームがあって美味しいので、これもおすすめです!

 

ライスなしチキンのみ

ライスなしでチキンだけのメニューもあります。

これも50バーツ(約175円)です。

 

辛くなくて食べやすいトムヤムヌードル

トムヤムヌードルのヌードルは5種類の中から選べるようになっています。

私は黄色い麺の中華麺をいつも注文していました。

麺は少なめですが、イカ・エビ・ムール貝?などの海鮮類がたっぷり入ってます!

 

このトムヤムヌードルは、味がとってもまろやかで食べやすい!

テーブルに置いてあるピーナッツの砕いたものを入れると、よりコクが出て美味しいです。

お値段60バーツ(約210円)

 

パイナップルライス

パイナップルライス

パイナップルを半分にして、くり抜いたところにカレー味のピラフが入っているっていう、かなりSNS映えするやつです!

こちらも海鮮やパイナップル、干しぶどうなどが入っててボリューム満点!

いつもパイナップルのお皿からご飯が溢れでて運ばれてきます。

こちらはちょっとお値段高くて100バーツ(約350円)

 

Briley Chicken and Rice(バイレイ)の店舗情報

プーケットのカオマンガイといえばバイレイ!というほどの有名店です。

店内は奥が広くなっていて、観光客がたくさん!

日本人も店内で多く見かけました。

 

Briley (バイレイ)

営業時間:6:00~20:00
住所:143/6 Thanon Ratuthit Songroipi Rd, Tambon Patong, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83150 タイ

 

バイレイのカオマンガイ

こちらが美味しいと噂のバイレイのカオマンガイ!

値段は小さい方で60バーツ(約210円)、大きい方が70バーツ(約210円)

 

 カオマンガイの特徴はこちら

  • チキンがやわらかい
  • 量はチキンもライスも少なめだけど、盛方が美しい
  • タレはこってり濃厚
  • スープさあっさり系

 

他のメニューはこちらです。

バイレイには2回来たのに同じメニューしか食べてないので、他のにすれば良かったなとちょっと後悔。

 

その他のお店で食べたカオマンガイたち

ハジャイのカオマンガイ

▲ハジャイで食べたカオマンガイ。

チキンとライスの割合があってない。

 

パトンビーチで食べたカオマンガイ

▲パトンビーチで食べたカオマンガイ。

悶絶するお米の臭さ。

 

パトンビーチで食べたカオマンガイ2

▲こちらもパトンビーチで食べたカオマンガイ。

見た目は良いが、ライスもチキンもタレも味がパッとしない。

 

クラビタウンで食べたカオマンガイ

▲クラビタウンで食べたカオマンガイ。

ライスが普通のご飯でなのでチキンライスではなく、出汁がきいてない。

 

やっぱり一番美味しいのは名もないカオマンガイ屋!

最後にカオマンガイ屋とバイレイを比較してみたいと思います。

カオマンガイ屋バイレイ
ボリューム
チキンの柔らかさ
ライスの味
タレの味
盛り付け方
スープの味
値段
癖になる度

 

かなり良い勝負なのですが、名もないカオマンガイ屋の方が◎が2つ多いという結果になりました!

名もないカオマンガイ屋の勝利です!!

 

タミー
勝負の1番の決め手は「癖になる度

 

バイレイは美味しいけど毎日はいいかな〜という感じなんですが、名もないカオマンガイ屋は毎日いけちゃうっていう中毒性があるのです。

実際私たちと同じように毎日通ってる、長期滞在の外国人ファミリーもいました。

 

このお店を勝手に推測した結果、店主はバイレイの初代店長だったのですが、2代目に店を引き渡した後にコッソリと人目につかない場所でお店を始めたんじゃないかと、、、

あくまで推測ですので真相はわかりませんよ。

 

ローカルすぎて営業日や時間なども不安定ですが、絶対行く価値ありです!!

ぜひぜひ行ってみて下さいね〜!!

 

カオマンガイ屋さんのすぐ近くには、チムチュム鍋を食べれるお店もあります。

関連記事

タミータイ料理のチムチュム鍋っていうのが、なんか美味しそうだよ!マーティンちむちゅむ・・・何それ?どこで食べれるの?言いにくいね、ちむちゅむ。タミーたぶんすぐそこだよ。いつ[…]

関連記事

僕がプーケットでムエタイを1ヶ月習う機会があり、練習後に飲むプロテインを購入しようとして調べたのですが、あまり情報がなかったので探すのに苦労しました。バンコクなんかでは比較的プロテインが手に入りやすいですが、プーケットでもプロテイン[…]

 

フォローして最新情報をチェック!
広告