ゴアガジャ遺跡はパワースポット好きにはたまらない!神秘の世界を感じよう

バリ島ウブドで、パワースポット好きならぜひ行っておきたい観光スポットが、ゴアガジャ遺跡です!

バリの宗教や歴史、そして神秘のパワーを感じられる不思議な場所なんです。
ウブドの中心地からも近くて行きやすいので、ウブドは初めて!って人にもおすすめ♪

 

タミー
私はパワースポット大好きだから、行っておいてよかった〜!
マーティン
バリを知れて勉強にもなったね!

 

※この記事の情報は2019年5月時点のものです。(Rp1,000=7.8円)

広告

ゴアガジャ遺跡の基本情報と行き方

ゴアガジャ遺跡は、なぜここにこんな建造物が作られたのかも分かっていない、謎が多い遺跡なんだそう。

1923年にオランダの考古学者によって発見されたのですが、創設は11世紀と言われています。

ウブドにはパワースポットがたくさんありますが、このゴアガジャ遺跡もパワースポットの1つ。
スピリチャルが好きな人は、パワースポット巡りをしてみるのも楽しいかもしれません♪

 

タミー
謎が多いとか聞いちゃうと、ミステリーハンターにでもなったような気分になるよ。(笑)

 

営業時間:8:00~17:00
住所:Ubud, Bedulu, Kec. Blahbatuh, Kabupaten Gianyar, Bali, インドネシア

 

移動手段については、こちらの記事を参考にして下さい!

関連記事

バリ島ウブドは人気な観光スポットではあるものの、クタやスミニャックとは違って空港からは少し距離があるので、どうやって行ったら良いのかな?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?郊外からウブドへの行き方と、ウブド内での移動手段[…]

 

ゴアガジャ遺跡の入場料

まずは入り口でチケットを購入。

入場料はRp50,000(約400円)

 

ゴアガジャ遺跡に入るときの注意点

  • こちらは寺院なので肌の露出があると入れません。キャミソールやタンクトップは避けましょう。
  • また腰に巻く布「サロン」がないとヒンドゥー寺院には入れません。
    持参するか、寺院でも無料で貸し出しています。
  • 生理中の女性は中に入ることはできません。

これは、どの寺院も共通の注意事項ですね!

 

寺院で借りれるサロンは、こんな鮮やかなピンク色のものでした〜!

 

ゴアガジャ遺跡の中へ入ってみよう!

ゴアガジャ遺跡とは、どんな場所なんでしょうか?
散策してみましょう〜

大きな御神木と沐浴場

入り口を入ったら、階段で下の方まで降りて行くと、ゴアガジャ遺跡に辿り着きます。
その途中で目に飛び込んでくるのは、この巨大で立派な御神木!

「なんかゴアガジャ凄そう」

そんな予感をさせてくれますね。

 

ご神木の前には沐浴場があります。

遺跡が発見されたのは1923年ですが、この沐浴場は1954年になってようやく発見されたらしいですよ。

ここはヒンドゥー教寺院なので、インド人の観光客も多く見られました。

 

あの有名なゴアガジャの洞窟

そしてゴアガジャといえばこれ!という洞窟が沐浴場の横にありました!
こちらは像の洞窟と言われていたり、魔女ランダの顔と言われていたり、未だに何を表しているのかが分かっていないそう。

とりあえず、凄い形相ですね。(笑)

 

タミー

洞窟はたくさんの人が出入りしているので、人がいないところの写真を撮るのは至難の技!

 

ではでは、靴を脱いで中へ入ってみます。

思った以上に自然のまま残されている感じで、洞窟感が凄い。

一気にひんやりとした空気に変わります。
思わず小声になってしまうような、神聖な雰囲気です。

その昔、この洞窟の中で僧侶が瞑想をしていたと言われているそうですよ。

 

正面には・・・なんだろ?石が置いてある??

その前にはバリ・ヒンドゥー教のお供え物チャナンがありますね。

 

左手にはヒンドゥー教の神ガネーシャ像。

ガネーシャは商業や学問の神と言われているので、商売繁盛したい人なんかもガネーシャにお祈りすると良いことあるかも♪

 

右手にはヒンドゥー教の三大神「ブラフマー」「ヴィシュヌ」「シヴァ」を意味する3つのモチーフのリンガ像があります。

こちら見ての通り、アレの形をしています。

余談ですけどバリには木製のこんなモチーフのお土産がたくさん売っているんです。
バリでは男性器は子孫繁栄の象徴なんだそう。

子孫繁栄させたい方はぜひお土産にいかがでしょうか。(笑)

 

話は戻り、三大神について

プラフマー:宇宙の創造の神

ヴィシュヌ:生命の維持の神

シヴァ:破壊の神

これらは三身一体と言われています。

 

なんだかちょっと難しいですね。
もっと勉強しないとです。

でも全く知識がないよりは少し知識があって観光した方が、より有意義な時間を過ごせるので、事前にヒンドゥー教について調べてみるといいかもしれません。

 

ということで、ヒンドゥー教の世界に少し浸ったところで、外の世界へ戻りましょう〜。

洞窟を出る頃には足が真っ黒になってます。

気になる人は、ウエットティッシュなどを持参しましょう。

 

洞窟意外は何がある?

洞窟以外にも、寺院らしい建物がたくさんあります。

 

建物の天井には、ガルーダヴィシュヌ神がいたり。
装飾も綺麗で見惚れてしまいます。

 

ちなみにこのガルーダとヴィシュヌ神は「GWK カルチュラルパーク」という観光スポットで、巨大な銅像として存在感を放っているので、ぜひ行っていただきたい!

凄いですよ、牛久大仏と同じくらいの高さなんで、びっくりします。

 

割れ門の間に入って写真を撮ったら、バリらしい記念写真が撮れますよ!

 

トゥリダトゥを作って売っている女の子

先ほどの割れ門で写真を撮っていると、小さな女の子に「so beautiful!」と褒められるマーティン。

え?私じゃなくて、マーティンのこと?(笑)

 

そして「このミサンガはいらない?」と言ってきました。

この子が手で編んでいるミサンガはトゥリダトゥといって、バリの人がよく手につけているものです。

皆つけてて不思議に思っていたのですが、寺院に参拝に行くと貰えるようでこれをつけているとバリニーズの証!
お守りとして右手につけるのが決まりのようです。

 

トゥリダトゥは、赤・白・黒の色で成り立っていて、それぞれの色に意味があります。

赤→「火」ブラフマー神(創造の神)
白→「風」シヴァ神(破壊の神)
黒→「水」ヴィシュヌ神(生命維持の神)
タミー
トゥリダトゥにも三大神の意味が込められているんですね!

通常はこの3色ですが、ブサキ寺院のみカラフルなトゥリダトゥが貰えるらしい。←私も欲しいよ。

 

寺院に行くだけではなく参拝しないと貰えないので、観光客がトゥリダトゥを貰えるタイミングってなかなかないんですよね・・・。

なので、バリニーズになりたい〜!という人は、ぜひこの女の子の手作りトゥリダトゥをゲットしてみて下さい♪

 

私たちは、ちょっとずるいですけど、レギャンのホテルで頂いちゃいました!

関連記事

女子1人旅でバリ島に行く人必見! クタやスミニャックを観光したいんだけど、どこのホテルに泊まればいいんだろう? なるべく安いところが良いけど、あまり汚いのは嫌だな。安全面も気になる・・・こちらは、そんな人に是[…]

 

まとめ

バリの歴史、宗教、パワーを感じられる不思議なゴアガジャ遺跡。
特にスピリチュアル好きな人におすすめです。

ゴアガジャ遺跡だけではなくウブドにはたくさんのパワースポットがあるので、合わせて観光してみて下さいね!

 

その他のパワースポットはこちらです!

関連記事

バリ島ウブドにある、ティルタウンプル寺院の沐浴体験をレポートをします!マーティンは海外にきてから右足ばっかり怪我をするという災難が続いており、この沐浴で聖水を浴びて清められればもう災いは起きないのではないか?!という期待も込めて、早[…]

関連記事

ウブドの観光スポットでモンキーフォレストがありますが、猿は日本にもいるし、わざわざ行かなくてもいいかな〜なんて思っていたんですけど、行ったら意外に楽しめちゃいました。(笑)自然保護区というだけあって、自然が豊かでマイナスイオンたっぷ[…]

フォローして最新情報をチェック!
広告