ピピ島に行くからにはアイランドホッピングはマスト!ツアー紹介します!

ピピ島に来たからには、やっぱりアイランドホッピングをしないと後悔します!

充分ピピ・ドン島も綺麗ですが、アイランドホッピングはいろんな意味で凄い。
現地からツアーを申し込めばとても安く行けるので、ぜひ行って欲しいです!

 

広告

現地のツアーデスクで申し込み

町中にあるツアーデスクで申し込みをします。

コース内容は?

  • 午前コース
  • 午後コース
  • 1日コース

行く島と時間はツアーデスクによっても若干異なります。
また同じツアーでも、どこで申し込むかによって若干値段に差があるので、時間に余裕のある方は何軒か回って安いところを探してみて下さいね!

そして、ボートの種類によっても値段が大きく変わってきます。

  • ロングテールボートだとスピードが遅い分値段が安い
  • スピードボートだとスピードが早い分値段が高い

 

私たちはロングテールボートで9:00~13:00の午前コースを選びました!
値段は二人で350バーツ(約1,210円)

ライフジャケット・シュノーケリング・お昼ご飯・水がついています。

また申し込む時の注意点としては、行く日の天気予報をチェックすること!
せっかく申し込んでも悪天候だと予定が狂ってしまいます。

 

ツアー内容は?スリリングな冒険が待っている

ここからは当日の流れです!私たちが体験したスリリングな冒険をご紹介します。

8:30にマクドナルド現地集合

ピピ島にきた人なら上陸した時に絶対目にするマクドナルドに現地集合します!

ここから全員が集まって時間になるまでしばし待ちます。

あ、ちなみに水着は予め中に着て行って下さいね!

 

ロングテールボートで出発!

全員揃ったらロングテールボートに乗っていざ出発!!

ここから乗ります!足元は海の中に入りながら動く船に乗り込まないといけないので、ウォーターシューズを履いて行った方がいいと思います。

 

行きの海は大荒れ。覚悟せよ!

付き添ってくれる船長兼ガイド含め8人で出航です!

そして想像を超える大波の中を進んで行きます・・・

この写真で伝わりますでしょうか・・・?

正直、相当怖かった。

船は、ぐあんぐあん左右に揺れて捕まってないと海に放り出されるんじゃないかっていくらい・・・。
いつもドンと構えてるマーティンが「大丈夫なのこれ・・・」と呟いている。
その言葉が余計に私を不安にさせます。

船のバランスを取らないと転覆してしまうので、ガイドは右側に座って!とか、真ん中行って!とか何度も指示してきます。ライフジャケットはあるものの、着て!とも言われてないから誰も着てないし、これ転覆したら確実に死ぬ自信ある。

そんな中ガイドは船長気分が高まっているのか、若干この状況を楽しんでいるようにもみえる。

 

Pileh Lagoon(ピレーラグーン)は秘境感満載

やっと着いた第一ポイント!
断崖絶壁の壮大な景色が広がっています。

ただこの間も波は相変わらず凄いので「早く次の場所へ行ってくれ・・・」という気持ちになってしまい、景色を味わう心の余裕がない。

 

Maya bay(マヤベイ)は閉鎖されていた・・・。

マヤベ〜イ!と気持ち良さそうに叫ぶガイド。

嘘でしょ・・・

ここ??

ここがあの映画「ザ・ビーチ」の撮影場所っていう、マヤベイなの!?
(映画みたことないけど。)

っていうか、入れないんかーーい!!

閉鎖されていてビーチに上陸することは出来ないので、ただ外から眺めるしかありません。

これは残念です。

 

loh samah bay(ローサマベイ)は最高のシュノーケリングスポット!

このあたりに来てようやく波もなくなり、穏やかになりました。

凄い!船の上からでも魚がたくさんいるのが見える!!

こんなに魚がいる海は初めて見ました!

そしてここで、ご飯&シュノーケリングタイムです!

 

でも何故かここにきて船酔いし始める私。

こういう状態。(笑)

マーティンは、ご飯を食べて早々にシュノーケリングをしに海の中へ行ってしまいました。

気持ち良さそう〜〜!
私もせっかくなので、頑張ってシュノーケリングしました!

気分が悪くて長く出来なかったのが勿体無かったですが、ばっちり綺麗な魚を見ることができました〜!

マーティン意外は全員ライフジャケットを着てシュノーケリングしましたよ。

ここでライフジャケット貸してくれるのね!
もう最初から着てたかったよ。(笑)

そこからボートで少し離れたところに足がつくスポットがあったので、ここでもひと休憩!

極楽極楽〜!

と思ったら足に突撃してくる魚がいて何気に痛いので、みなさんも気をつけて下さい。(笑)

 

Viking Cave(バイキングケーブ)は海賊が住んでいた?

バイキングケーブという名前のとおり、海賊が昔住んでいたらしいですよ?

降りて中の方まで行ってみたいところですが、それは叶いません。

 

それにしても海綺麗ですよね〜。(今更)

エメラルドグリーンで本当綺麗な色!

 

Monkey Beach(モンキービーチ)

モンキービーチは上陸することができます!

この猿と一緒に写ってるお兄さんはラッキーボーイ。

おとなしいように見えますが、実はかなり凶暴な猿たち
座ってると持ってる荷物を狙いに襲いかかってきたりします。
女の子が1人引っ掻かれてました・・・。
狂犬病も怖いので、引っ掻かれたら病院に行かないと・・・。

そういう事態にならないように十分注意が必要です!

食料がどうしても欲しいんでしょうね。
ガイドは慣れた手つきで餌やりをしていました。

 

ちなみにピピ・ドン島からカヤックで行ったモンキービーチとは別の場所でした。

関連記事▶︎タイの秘境!ピピ島で行くべき観光スポットとクラビからの行き方

 

無事生還。ピピ・ドン島へ帰ります。

帰りは行きと違って波は穏やか。無事に帰れそうで安心しました。

 

船の先端にいるのが私たちのガイドです。

お世話になりました〜。

 

まとめ

私的には船酔いと大波の恐怖との戦いでしたが、でもやっぱり行って良かった!

こんな景色なかなか見れるもんじゃないです。
雨季に行ってこの綺麗さなので、乾季はもっと素晴らしいと思いますよ〜!

フォローして最新情報をチェック!
広告