【クラビ】雨季に行くなら断然ライレイビーチ!アオナンビーチからの行き方

クラビーの海は最強だ!と友人に聞いて来たものの、アオナンビーチはそれほど綺麗ではなかったんです。
何故なら私たちが行ったのが雨季だったっていうのも一つの要因だと思います。
5~10月はモンスーン偏西風の影響で波が高くなるらしいのです。

でもせっかく来たんだから雨季でも綺麗なビーチに行きたい!
ということで、ライレイビーチに行ってきたのでご紹介したいと思います!

 

広告

ライレイビーチってどんなところ?

ライレイビーチは離島ではないものの、高い石灰岩の断崖があるため船でしか行くことができない場所です。
アオナンビーチからロングテールボートで15分と他のアイランドホッピングよりもかなり手軽に行けるので、これは行かない手はないですね!

 

ライレイビーチまでの行き方と値段

チケットは、ビーチ近くにあるこちらのTOURIST INFOMATIONで購入することができます。

場所はこちら。

ボートは15分おきに出ているので当日の購入でOK!
値段は往復200バーツ(約690円)なのですが、注意しないといけないのは、帰りは18時までのボートに乗らないといけないということ。
もし帰りが18時過ぎてしまうなら、50バーツをプラスで払ってチケットを購入しなければいけません。

チケットを買ったら、このインフォメーションの横で船に乗る人数が集まるまで待ちます。

人が揃ったらこちらの車に乗ってアオナンビーチの船乗り場に向かいます。

 

着いたらこちらから船に乗ります。足場がかなり悪いのでウォーターシューズがオススメ。

私たちはアオナンビーチ沿いのお店でウォーターシューズを200バーツ(約690円)で購入しました。
デザインが限られるので、事前に日本で購入して持っていってもいいかもしれません。

 

ロングテールボートは水しぶきがかかるしすごい揺れる!
けど風が気持ち良く石灰岩でできた絶壁の景色が広がりアドベンチャー気分を味わえます!

 

自然豊かなライレイビーチ

ライレイビーチ到着です!

海の中で降ろされるので濡れても良い格好で行きましょう!

 

断崖絶壁に囲まれていて、眺めが最高!

 

海は正直すっごい綺麗!!とは言えないのですが、アオナンビーチよりも綺麗なのは間違いないです!!

ビーチにいる人の数を見てもアオナンビーチよりライレイビーチの方が断然多いです。

ただ偏西風の影響なのか波がかなり強いです。引きが強くて立っているのも大変。
シュノーケリングも買って持って来たけど、出番がなさそうです・・・。

 

欧米人の観光客がたくさん!
私たちもビーチタオルを持って行ったので、この方達に混ざってみました。

 

ビーチベッドやカヤックなんかもありましたよ〜。

波強くてカヤックなんてやってる人いませんでしたが・・・(笑)
海のコンディションが良ければできるのかもしれません。
今日は、雨季だけあって雲いきが怪しい。

と思ったその矢先!やっぱり雨が降ってきたーーー!

荷物を木下に避難させるも、雨が降ったら急に気温が下がって外にいると寒い!
海の中の方が暖かいので、海へ避難。

しばらく様子を見るも雨は止まずどんどんひどくなる一方。
これはもう屋根のあるところに避難しよう!と、みんなの行く方についていってみるとレストラン発見!

おとなしく早くこっちにくれば良かった。

みんな雨の写真を撮っちゃうくらいの土砂降りです。
このままだと帰りが不安になりますが、数時間も土砂降りが続くわけではないので大丈夫。

 

小降りになってきたところでまわりを歩いてみるとレストランや洋服屋、バーなどがありました。

 

帰りは、最初に着いたボートがたくさんあるところに行けばおっけー。

そのボートの発着場で、お酒を飲みながら海に入ってワイワイするパリピの欧米人達。

ボートが沖から到着するのでビーチの誘導係のおじちゃんが、「船がくるからそこどいて!」とパリピ達に何回も言うもどかず、おじちゃん困ってます。
仕方なくどいたパリピ達ですが、なんだかブツブツ文句を言っていて、それにキレたおじちゃんは「レディーボーイ!」と罵っておりました。(笑)

「本当に危ないんだから、ボートにぶつかって頭打って怪我してる人がたくさんいるんだ。」と私たちに説明するおじちゃん。

それは危険です。みなさんもお気をつけください。

 

帰りは最初のインフォメーションまでは送ってくれません!
ボートを降りたらそこで解散です。
なので降りたらソンテウ乗らないか?の客引きがありますが、私たちは歩いて自力でホテルまで帰りました。

 

まとめ

私たちはスコールで行けませんでしたが、ライレイビーチから歩いて行けるプラナンビーチもあるのでそちらも合わせて行って見て下さいね!

雨季でもクラビを楽しみましょう!!

フォローして最新情報をチェック!
広告